SUZUMOについて

SUZUMOについて

伝統の技と魅力を伝える

鈴木茂兵衛商店は、慶応元年(1865)に四代目の鈴木茂兵衛の提灯づくりに始まり、現在まで提灯製造と卸問屋として続いております。 およそ1世紀半の長きにわたり、「水府提燈」を作りつづけ、さらに、祭事や行事他、さまざまな場面でお使いいただく提灯の製造と流通、普及に努めてまいりました。 時代の変化の中で、提灯の位置は古来とは変わってまいりましたが、私どもは、先人達が残してくれた技術をしっかりと受け継ぎ、次世代へ「技と魅力」を伝えていきたいと思っております。 伝統の技と魅力を伝える

「今」に対応できる提灯を

私たちは、伝統産業という言葉のみに甘んじることなく、真に「今のくらしに対応できる提灯」づくりに励み、「灯りのやさしさ」、「形の美しさ」など、提灯ゆえの魅力を追求しております。伝統的な技法に加え、LED電球の採用、室内でも使いやすい置き型提灯の開発、音センサーを利用した点灯等、皆様のくらしの中でユニバーサルに使える安心で安全な提灯をご提供できるよう努めてまいります。さらに、「灯り」としての用途性はもちろん、同時にインテリアやオブジェとしても魅力ある商品づくりに励んでまいります。多忙な現代のくらしの中で、提灯が皆様の癒しや心の対話の一助となっていただければ幸いに存じます。 伝統の技と魅力を伝える

ていねいに向き合って

提灯は、本来、お使いになる方や場所の条件によって、大きさも、材質も、形も変わってくるものであります。私たちは、お客様が思いをこめてご注文される提灯にていねいに向き合い、納得していただける提灯をご提供できますよう努めてまいります。 どうぞお気軽にお声掛けいただければ幸いに存じます。 伝統の技と魅力を伝える
第七代目代表取締役社長 鈴木隆太郎
第七代目代表取締役社長 鈴木隆太郎
SUZUMOについて
SUZUMOについて
SUZUMOについて

ページの先頭へ

SCENE
提灯のある風景
LINEUP
シリーズで選ぶ 形状で選ぶ シーン・用途で選ぶ
TOPICS
トピックス
COMPANY
SUZUMOのご案内